口臭対策にガムをかむのがおすすめな理由は意外な事実だった!?その理由って?


口臭対策ということでガムをかむのがいいという話がありますけど、本当でしょうか。ガムをかむことが口臭対策になるのかどうか、調べてみたのです。
口臭対策にガムが効果的な理由
ガムを噛むことはその香りや味わいではなく、「ガムを噛む」行為そのものに意味を持っています。

 

ガムを噛むことで口の中に唾液が多く分泌されそうです。この唾液には自浄作用があり口内の雑菌の繁殖を防ぎ口臭を防止することができるのです。

 

また舌の表面の白くブツブツした舌苔と呼ばれるものや汚れが付きやすく雑菌が繁殖しやすい実態です。

 

これもガムを噛むことで舌苔の汚れをからめとることができ雑菌の繁殖を防ぎ、口臭の悪化を防止しいます。

 

さらにガムを噛むことで自然と口呼吸を改善でき、口の乾燥を防ぐことができます。

 

口が乾燥することも口内の雑菌の繁殖の原因につながるため口臭防止にはとても効果を見せてくれます。

 

口臭防止にオススメなガムの選び方

 

ガムは噛む結果に意味がありますがその香りにも注目していただきたい。

 

一時的ではありますが、強い香りのものを選ぶことで口臭をかき消せますよ。

 

ここぞというときはより香りの強いものを選んで事前にケアしてみてはいかがですか。

 

またそのガムに含まれる成分にも注目していただきたい。クロロフィルやフラボノイドという成分は消臭効果があり噛むことで口臭予防に拍車がかかります。

 

クロロフィルは銅葉緑素と成分表に表示されています。フラボノイドはポリフェノールの仲間です。○○茶抽出物と表示があればフラボノイドのためになると考えてOKです。

 

そしてガムを選ぶうえで最も重要なのは味が長続きすることによって、何よりガムを噛むことに意味があるため、長く味が持続して無理なく噛み続けることができれば口臭予防もより期待できます。

 

さらに唾液分泌をより促していくためには柔らかいガムよりも固く髪ごたえがあるものを選ぶ方がおすすめしたいと思います。

もしかして私の口臭い?口臭セルフチェック

自分の口が臭いのではないかと思っても、なかなか人には恥ずかしくて聞けない・・・そんな時にできる、簡単なセルフチェック方法を調べてみることにしました!
コップでチェック
まず、コップの中の空気を入れ替えるため上下に軽く振ります。その後自分の息をコップの中に吐き、その息が漏れないようにすぐ手で蓋をやります。

 

ポイントは、息を吐くときもなるべく口をコップに密着させて他の空気が入らないことを意識すること。

 

自分の息がコップにたまったら、深呼吸してからそのニオイを確かめるべきです。

 

口臭が一番きついのは朝起きてすぐなので、このチェックも寝起きに実施するとさらにわかりやすいですよ!
糸ようじでチェック
歯磨きをした後に糸ようじで歯と歯の間をこすってみて、その糸ようじの臭いをかいでみましょう。

 

歯磨きをしても取れない口臭がキッチリとチェックできますよ。

 

最後に


特に歯垢には、口臭の原因となる成分が組み込まれているので、そのにおいをかぐことで自分の口臭のレベルも判断できること間違いありません。

 

舌をチェック

 

一度自分の舌を鏡て見てください。白のぽつぽつしたものがくっ付いていると思いますが、これは舌苔と呼ばれ誰にでもあげられます。

 

しかし、舌苔が多めについていたり、黄色っぽくなっている場合は注意が必要です。一度、この舌苔をティッシュでふき取りにおいをかいでいただきたいです。

 

また、黄色っぽい場合には歯周病のなどの病気の可能性もあるので、一度病院を受診してみましょう。

 

唾液でチェック

 

口臭がひどくなると、唾液が酸っぱくなったり苦くなったりすることがあります。いつもの自分の唾液の味と違ってきたり、違和感がある場合も注意が必要です。その場合は一度口をゆすいだり、水分を補給して様子を見てみてくださいね!

 

口臭を改善したい人にはオススメですが、↓↓↓無関係の人は絶対クリックしないでくださいね↓↓↓↓
クリア口臭訴求_歯磨き粉